「シカゴタイプライター」「カネの花」視聴終了

 2つのドラマとも、視聴終了したのが結構前になるので、うろ覚え感想。
 どれもネタバレします。
 「シカゴタイプライター」は、最初の数話がとにかく苦痛なドラマで、それを乗り越えると結構いいドラマだった。コ・ギョンピョ演じる幽霊さんが本格的に登場すると、とにかく面白くて、ゴーストライターを使っていたとユ・アイン演じる作家が告白するシーンで、幽霊さんでみんなには見えないんだとわかるシーンは本当に面白かった。韓国ではゴーストライターはそのものズバリ、幽霊作家と呼ぶんですね。ユ・アインには妙な色気があることもよくわかったし、コ・ギョンピョはなかなかにいい男だった。イム・スジョンは「ごめん、愛してる」の時はとにかく苦手だったのだけど(それで最後まで見れていない)、苦手克服。しっとりしていい感じだった。
 「カネの花」は、一気に見た。途中までは目が離せない、重厚なドラマ、だったのが、最後の数話はそれまで重厚だった演出がしつこい感じで、もうちょっと圧縮されていたら良かったかもしれない。このドラマの泣き所はモヒョンさん。カン・ピルジュを川から救い、鳥を愛する純粋な感じが・・・無い!!政略結婚を退けロマンチックな恋愛を夢見ていて、ブチョンが抱きしめた時に心臓が大きな鼓動を打っていてそれがためにブチョンを恐れさせるような処女性や繊細な感受性も・・・感じられない!!肉感的で悪女を演じた方が向いていたと思う。かといってイ・ミスク演じるマルランと張り合える程の知性を感じることもなかったし、鈍感な大きな丸太のような雰囲気だった。しかし、あらすじ、演出的にはオー!!と驚かされる展開が立て続けに続き、面白いドラマだった。
 前回、韓ドラについて書いた時には、職場が暇めいていると書いていたが、6月には突然、精神的にしんどい展開に入っている。なかなか思うようにはいかないものだ。また、祖母が大腿骨骨折で入院し、叔母が祖母の介護から逃亡してしまって介護負担が増えている。自分自身も白髪、老眼、更年期障害的な症状?などなど老いを感じはじめる今日この頃。韓ドラは「病院船」はラスト1話残して進んでおらず、「奇皇后」は順調に見続けている。「ロボットじゃない」も途中で視聴中断していたが、最近、再開。「キム課長」はもうすぐ終わりじゃないのかな?「推理の女王2」を録りだめしていて、そろそろ見始める予定。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-06-30 22:51 | 韓国ドラマ | Comments(0)

プラド美術館展(ベラスケスと絵画の栄光)

 兵庫県立美術館で見てきました。
 中野京子氏著の怖い絵をはじめとする色々な本に、プラド美術館所蔵の作品にまつわるお話がたくさん登場し、特にベラスケスの絵についての諸々の(ほとんどがスペイン・ハプスブルク家についてですね。)お話がとても面白くて、プラド美術館へ行きたい!とずっと思っていますが、なかなか行けていません。一緒に行ってくれる人もみつかりません。しかし、向こうからやってきた!というわけで見に行きました。
 ベラスケスの絵は、目玉のバルタサール・カルロス王子の絵よりも・・・慰み者と呼ばれる存在であった少年の絵に一番胸打たれました。そんな感想を少し見て行ったのですが、胸打たれる、とは臭いセリフなんですが、その通りでした。なんとも言えない表情をしています。隣に、ほかの作家の慰み者が登場する作品が羅列されており、その比較で更に胸打たれます。本当に何百年も昔の作品なのか?と思います。王子は実在感がありませんが(あんなに馬の上で駆けたりしていまい。)少年には実在感があります。あと、神話をもとにした絵も、東方三博士の絵も確かに現実の人みたい。キリストはかわいい赤ちゃんでした。生々しく現実感のある赤ちゃんで異質な感じがしました。
 そのほか、印象に残った絵は、ブリューゲルの「視覚と嗅覚」、ペレーダの「ジェノヴァ救援」という大型の絵、あとは静物画もろもろです。
 あ、展覧会の込み具合ですが・・・同じ美術館でジブリ展をやっていて、長蛇の列が見えたのでドキドキしたのですが、プラドの方は混雑はなく、ゆったりと優雅に見られました。良かった良かった。
 美術館展のグッズ売り場に色々本が売ってあったのですが、重いから後で買うぞ、と決意したのですが、早速「ベラスケス 宮廷の中の革命者」(大髙保二郎著)と「ベラスケスとプラド美術館の名画」(松原典子監修)を購入しました。ちびちびと読んでいます。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-06-29 21:56 | Comments(0)

ガンダム投票

 NHKがやってたガンダム投票番組をちらちらっと見た。ちょっと前頃からガンダムヒストリアとか、シャア特集とかやはりちらちらっと見ていて、そういう投票が行われていることは知っていたが、投票しようかな、と思った時には投票自体は終わっていた。投票結果も少し気になっていたのですが・・・私の好きなZガンダムが結構上位でびっくり。アニメでは2位、キャラクター投票でもカミーユが思ったより上位にあり、主題歌では1位、モビルスーツも2位だったか?意外にもZファンは世に存在していることがわかりうれしく思うが・・・あんまり遭遇したことないなあ。ヒストリアを見ていて懐かしく思ったのはW。ちゃんと見てはないけど、面白かったと思う。ターンAとかもちらっと見たなあ。シードは職場の人に勧められてちらっと見たけど、見続けられず。投票の番組自体は、お笑い芸人のおじさんたちがうだうだしゃべるところはパッとしないけど、アムロの声優さんが面白かったり、ハマーン様の登場とか、富野さんインタビューとか、やっぱり携わった人の話は面白い。そういうところに力点をもっと置いた番組を作ってほしい。シャア特集も面白かったけど、なぜか、初代ガンダムから逆襲のシャアまで飛んでしまってZ時代のシャア=クワトロ・バジーナがすっ飛ばされていたよ!キャラ投票でもクワトロ・バジーナは一定数を集めていたのに!!このシャア特集に登場したアムロの声優さんも面白かった。シャアの声優さんはきっとイメージを守ろうとしているんだなあ。アムロの声優さんは番組でも触れられていたけど、アムロのイメージそのままで、素敵でした。大人のアムロはあんな感じかなあ、とそのまま素直に思える感じ。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-05-06 20:02 | Comments(0)

「ロボットじゃない」「シカゴタイプライター」「キム課長」「病院船」

 最近、ここ数年になく、職場の職員レベルが高く、いい感じに仕事ができている今日この頃。そんなこんなで落ち着いていて暇?めいているせいか、韓ドラを見まくっている!!
 面白くないシーンは2倍から4倍くらいに飛ばしながら見ているのではあるが、結構見ている。
 「ロボットじゃない」と「シカゴタイプライター」は男性主人公が最初、性格が悪いというか、偉そうすぎて視聴意欲がかなりそがれるものの、少々我慢して見続けていたら面白くなってきた。特に、シカゴタイプライターの方は、かなりいい感じじゃないかな??面白くもあり、切なくもある、何かいい感じの空気がある。最初からこんな感じだったら・・・。最初はそうじゃなかったけど、こうなった、という落差を作りたかったのだと思うけど、偉そうなキャラにしてももうちょっとやり方というものがあったのでは??ただの不良やくざみたいにしか見えなかったぞ。
 「キム課長」は・・・面白い。しっかし、原題がキム課長なのに、題名を「キム課長とソ理事」に変えるのはいかがなものか。あんまり持ち上げすぎると面白くなくなる。
 「病院船」は、医者ドラマがあんまり好きじゃないのと、ハ・ジウォンとCNBLUEの彼とのカップルがなんだか許せなくて(?!)見る気分になれなかったのだけど、でもやっぱり彼を見たくて、見はじめた。彼の名前がいまいち覚えられないのだけど、”カン・ミンヒョク”さんだそう。CNBLUEのドラマーで、ドラマ―がなんかかわいい感じがする、とCNBLUEの歌を見ながらも薄々思っていました。相続者たちでf(X)のクリスタルの相手役ではじめてドラマを見た時も、おおー!って感じで、タンタラも録画失敗するまでは見ていたんだけど、タンタラは途中から見ていない。「病院船」のキャラも今までと同じ感じで、落ち着いていて、少し控えめな感じで、と、何を演じても同じに見えなくもないけど、空気のように存在して、前へ前へと自分を出さないその感じが何だか優しい気持ちになれるというか、ドラマーの時も同じなんだけど、控えめなんだけど、さりげなく格好いいというか足が長くてスタイル良くって、顔もかわいくって、声もかわいくって、・・・要するに好きです。演技は第2ポジションがほどつとまるほどうまくはないかもしれない。ハ・ジウォンはやはりうまいな、と思います。こんな変なドラマがドラマとして成立しているのはハ・ジウォンの力だと思います。
 ハ・ジウォンといえば、奇皇后も途中からみはじめました。NHKの変な吹替じゃなくって、民放のBSでやってるのを発見して、来週分から録画してちゃんと見ようかなあ、と。脱落するかもしれませんが。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-05-04 14:38 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「ボーグマム」

 昔、SE7ENとパク・ハンビョルの恋愛を応援していたため、今でもハンビョルさんの話題を見かけるとチェックしてしまうんですが、ハンビョルさんがこの「ボーグマム」に出演し、終わった後(?)に結婚、妊娠を発表したと話題になっており、見てみようかな、と思ったこのドラマ。
 ヤンドングンさんを見るのも久しぶり。ヤンドングンと美人の組み合わせはやっぱりいいねえ。ハンビョルさんの人間外れしたような美人具合が、サイボーグな感じとマッチしていたと思います。というか、サイボーグって無機質に美形であってほしい、という願いみたいなものがあるかも。私は清水玲子の初期漫画を愛読しており、サイボーグという表現ではなかったと思うのだけども、まあロボットのような人たちが出てきて・・・ロボットドラマがどんだけ続くんだ、と思いながら今日からもう一つのロボットドラマ、「ロボットじゃない」を見始めたのだけど、どちらも女性がロボットなんですよね。多分、開発者の科学の世界が今でも男性比率が高いと思うので、おそらく、実際現実にも最初に誕生するのは女性のロボットだと私は踏んでいるのだけども、清水玲子の漫画ではまあ、少女漫画だからだと思うのだけど、男性のサイボーグがストーリーの中心なんですよね。これが逆に男性のロボットのドラマだったら・・・女性はどんなことを思いながらドラマを見るんだろうか??韓ドラの主な視聴者の性別はやはり女性向けだとも思うので、もうすぐ男性ロボットのドラマが登場するんじゃないかな、と思うんだけども、どんなストーリーになるでしょうか。
 ボーグマムに話は戻って・・・子供たちのキャラクターがそれぞれうまくはまっていて面白かったのと、幼稚園のヒョンビン先生も良かった。無機質な美形ロボットになれる、か??居候のおじさんも良かったし・・・ト・ドへ=ジョージ・マムを演じたIVYさんの過去のぶさいく演技は一体誰がやってるの??ご本人??IVYさんが本当に憎らしい役をねっとりと演じていて、ココ・マムの役者さんを久しぶりに見て懐かしかったり・・・いろいろと楽しかったー。ヤンドングンは思いっきり力を抜いて演じていた、かな。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-04-15 19:11 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「怪しいパートナー」

 3月末から4月1週間目の量的以上の精神的なの忙しさもひと段落したところで・・・
 「怪しいパートナー」は少し前に見終わっていたのですが、記憶も薄れつつある今、感想を。
 ショッピング王ルイですっかりお気に入りになったナム・ジヒョンさんの次の作品ということで、録画貯めしていたのですが、なんとなく見たくないような、見たいような感じでたまったままだったのですが、見始めたら一気見しました。ルイの時より化粧が随分と濃くなってケバくなった??というナム・ジヒョンさんにドキドキしながらも、しばらくすると濃ゆさも落ち着き、こちらの目も慣れ・・・チ・チャンウクはソル薬局に出演していたらしいのですが、4男をあまり覚えていない。ヒーラーも見たのだけど、ヒーラーは眼鏡とかをかけているシーンが多かったせいか、ヒロインん嬢が苦手だったからラブシーンを熱心に見なかったためか、こんなに美人だということにあんまり気が付いてなかったよ!なぜこんなにあなたは美人なんですかー!!と、途中までは本当にびっくりしながら見ていたのですが、美人は3日、とかいうせいか?飽きてしまったのか、ラスト数話ではほとんどトキメキを感じなかった。なぜ??ドラマ上も倦怠期みたいな描かれ方をしているし、なぜなぜ??あと、ウニョクさんも美人だった。演技はナム・ジヒョンさんがまたこの動き方か、といういつもの動きを見せるものの、なんだかんだ言って安定の演技を見せ、ちょっと不安定な脚本を補っていたと思う。
 現在は、「ボーグママ」を見ています。あと、中国ドラマの記憶のシンデレラがなんとかいうドラマをなんとか2倍速、4倍速等で見ています。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-04-08 22:27 | 韓国ドラマ | Comments(0)

体調悪し・・・

 旅行中にアイスダンスが終わり、SDの結果を見て、あー何かあったかな、失敗したのかなあ、とは思っていたのだけども・・・あー・・・悲しい。色々と不運だったようですね。アイスダンスのがっかりと男子シングルのがっかりが重なったせいか(?)、旅行の後、体調を崩し、現在風邪っぴきで寝たり起きたりしています。(単に旅行疲れだと思いますが、畳みかけるような報道が消耗につながっているのも確かである。)アイスダンスはまだ見ていません。先に私の中では一番平和なジャンルである女子シングルを見ようとしているのですが、SPを見た後体調を崩しはじめ、FDはまだ見られていません。
 ・・・ちょっと吐き出したら体調不良も治るかと思って申し訳ないですが、井戸がわりに。悪口を言いますよー。 
 もうあと1センチくらいで放送禁止生物になると思うんですよ。ギリギリだと思うのになぜ人気?人っているのは思い込んだらなかなかその思い込みを覆すのが難しいんですね。追い詰められている意識があるせいか4回転半とか5回転とかとどまるところを知らないけども、昔、浅田選手が4回転とか言ってたのを思い出してしまう。オリンピックでメッキは剥がれたと思うし、そうであってほしい。昌磨選手は絶対悔しいと生理的に思っているに違いないんですよ。悔しくないわけないだろう、と。そこを思いやってあげてうまく引き出したら究極的にはそうだな、という言葉が出るに違いないと思ってる。だってね、フィギュアってキラキラして美しいものなんですよ。ジョニー・ウィアーのロンドカプリチオーソは一つ一つ、一秒一秒がキラキラ輝いていた。衣装は同じでも、いやいや、衣装が同じようであるがために否応にも思い出され、違いを感じてしまう。衣装だって同じようであるだけで、まるでそこへ至る美意識が違うため、まるで違うものになっている。SPの時に、動画巡りをしていて、例の奇行と言われているトレーニング動画を見てしまったのだけど・・・いや、こんな様子を見てしまったらちょっとでも知能がある人間には耐えられないだろうな、と思った。だからネイサン・チェンが競技をやめるって決断しないか心配だったけども・・・今でも半分くらいはそうなじゃないかと思っているけども、世界選手権には出場するらしい模様なので、ぜひビシっと決めてほしい。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-02-27 17:28 | フィギュア・スケート | Comments(0)

男子シングル終了・・・

 男子シングルが終了し、なんだか無駄に疲れたー・・・。・・・というのは、・・・私はソチ五輪までは羽生さんのファンだったんです。(ファンというと言いすぎか?でも贔屓にはしていたはず。)でも、もろもろあって今は反対の部類。なぜか。観戦をしながらネット巡りをしていて思い出しました。デニス・テン事件。あのあたりがターニングポイントだったかな?ジャンプにチャレンジするスタイルだったのが、ジャンプで1番になれてない現状、そんな中、演技内容も、少年だと許されたことが青年、成年の演技には進化しなかったこと、それなのに他を圧倒する得点が出続けることが私の中では納得ができてないのですが、確かに要所要所で実績を積んでいるんですよね。細かい実績に積み重ねがものを言ってるんでしょうかね。そんなこんなの状況でこのオリンピックを迎えたんですが、本人もショートが全てだってことがわかっていたんでしょう。きっと。最後まで終わった現時点でわかることなんですが。(羽生さんのショートの演技、ファンではないのですが、見事だな、とそこは納得しました。)ショートの時点で勝負が終わってしまっていたネイサン・チェン。痛々しくてちゃんと見られなかったのだけど、写真で見たらあんなひどかったショートでも一つ一つポージングが美しい。フリーも総崩れになるものだと思っていたら見事に立て直しました。良かった。彼とヴィンセント・ジョウ、ボーヤン・ジン、宇野の演技構成を考えると、もう彼らの時代だと思う。オリンピックは一つのターニングポイント。カタリーナ・ヴィットが2連覇したその時に、伊藤みどりはただ一人(そうだったかな?ちょっと自信なし。)アクセル以外の全ての種類の3回転ジャンプを決めた。確かヴィットは少ない3回転ジャンプで金メダルを決めた。しかしヴィットには後世まで言い伝えられる明確な”表現”があったんだけどなあ。羽生さんの金メダルは日本へのお別れメダルかしら?これで、落ち着いてフィギュア観戦ができる日が訪れるといいのだけど。
 明日から旅行に旅立つのでアイスダンスをゆっくり見られないのが残念。そして・・・ペアの録画放送が今日の深夜にある模様?シングルのせいで予定変更になるかしら??

[PR]
# by chatttenoire | 2018-02-17 14:46 | フィギュア・スケート | Comments(0)

ペア!・・・そしてオリンピック行ったつもり休暇

 今回のオリンピック、なんと!ちゃんとしたフィギュアのペアの放送がなかったよー!!
 合間にちらっと録画放送はあったみたいなんですが(きっと放送されたのは数組だけでしょうね。)、せめてトップ5~6くらいは時間をとって放送してほしかったなあ。ショートの方は放送されるであろうと表示されていた時間に録画したのに、見返すと違う競技ばかりが映っていました。次の日のフリーの予約をしようとして、仕事から帰ってきてから十分見れるな、という時間だったので予約をしなかったのですが、当日、テレビを見ると枠の中身が変わってしまってペアの表示は全くなくなってしまった!!日本選手がメダルを取った競技の方がそりゃ需要は高いんでしょうけど、私がフィギュアを見始めた遠い最初の記憶には、ペアのゴルデーワ&グリンコフ組があります。ちゃんと放送していたってことだよね?随所随所にペアの記憶があるから。アイスダンスの記憶もあります。平和でのんびりした時代だったってことでしょうかね?どうもネットではライブでちゃんといい感じに見れるみたいで(テレビ放送の実況解説は邪魔な感じ。ネットでもしゃべるのかな?)、ペアの日こそ、オリンピック行ったつもり休暇を取れば良かったなあ、と悔やまれます。職場のほかの人と休みがかぶらなくするために、そして私自身も男子ショートを一番見たかったので今日は4年に1度のお楽しみ、オリンピックに行ったつもり休暇で朝からだらだらしています。地上波テレビをつけるとどこも羽生(宇野君もちょっと)の練習風景、4回転の何を飛んだ、飛ばなかった、とワーワーうるさく、辟易してしまいます。このワイワイ言う中で、ボーヤン・ジンがふわっと何かいいメダルを取るんじゃないかな、と思っています。どうかな。
 で、要するに、ペアはテレビ・ビデオで見られなかったので動画で朝からちらちらとトップ選手のみを見たのですが、やっぱりライブで見たかったなあ。サフチェンコさんのフリーは今までの感じ、ワーっと盛り上がるプログラムじゃなくてじわじわといいなあー、というようなプログラムで、クリーンプログラムを滑って優勝しました。サフチェンコ&ゾルコビー時代のプログラムで一番印象に残っているのは、シンドラーのリストだったなあ、と思って検索検索。
 サフチェンコさんが若い!サフチェンコさんの表現力が素晴らしい。リフトの後の足を上げるポーズとかリフトの体制とか、スローに入る前の姿勢とか、懐かしいー。ゾルコビーさんが影のようでさりげなく鋭さを時々見せるのも懐かしいー。ステップでゾルコビーさんが転んでいますが、それも込みで印象深いプログラム?いやいや。そしてツイストが低い!(マッソさんはパワーがあるんですね。)最後をスロージャンプでしめるプログラム、あともう1回くらいあったっけ?相方としては、ペアは自分とが最高で最後、と思ってもらえないのは悔しいのかなあ。それともショーに出られない痛手の方が大きいかな?どういうものなんんだろう。
 スイ&ハンが好きなのは、何か組の間にもっともっともっと濃厚な絆が見えるところ(そりゃああるでしょう。)、そして表現がもっともっと外に向かっているところとスケートが重いところ。あんなに小さかったのに(今も小さいいけど)本当に大人の表現者になった。トゥーランドットは良かった。(もちろんショートも良かった。)

[PR]
# by chatttenoire | 2018-02-16 10:02 | フィギュア・スケート | Comments(0)

オリンピック

 オリンピック、楽しんでいます。
 開会式のヨナちゃんもちゃんと見ましたし(芸能色を極端に排除している、と思ったら途中眠っていた時におじさん歌手などが登場した様子ですね。)、昨日もチャンネルを変えながら、モーグル、スピードスケート、ジャンプと次々メダルをとる競技を見ました。3人ともインタビューから生の感触が伝わりじーんときてこちらもうるっとしてしまう感じでした。
 フィギュアスケートの団体戦も、フィギュアに団体??と思ったのは4年前のはじまる前のこと。団体戦での戦いが個人戦の戦いにつながること、すなわち団体戦から物語がはじまっているということは4年前にわかったことなので、今回はしっかりと見ました。見ていたら、この4年、さしてフィギュアを見てこなかったのですが、スイッチが入るというか、テンションがあがってきます。
 個人的な今回のオリンピックの見どころは、ネイサン・チェンがどうなるのか。男子シングルは本当に最も予想がつかないカテゴリーで、ショートからドキドキです。また、羽生さんが登場すると、舞台がなんだか引き締まる感じです。次の見どころは、パパダキス&シゼロンが順当に金メダルを取るのか、それとも・・・?団体にパパダキス&シゼロンが登場しなかったので、なんだか待ち遠しいというか、渇望する感じです。シブタニズも銅メダルをとってほしいなあ。どうだろう?ペアも楽しみです。スイ&ハンのトゥーランドットが気に入っているので金だといいなあ、と漠然と思っているのだけど、サフチェンコのフリーもグランプリファイナルでは良かったし・・・カルメンのロシア組が出られなかった(決定ですよね?)のがとても残念。女子はどうでもいいや、と思っていたけど、団体戦を見ていたら、ロシアトップ2の戦いが断然面白く感じられてきました。
 団体ではじめて日本のペアの新しい組を見たのだけど、二人で滑る感じがいい感じに見えて、好感が持てました。アイスダンスの組も久しぶりに見たのだけど、女性がリードしていて、盛り上げている感じで微笑ましく見えました。二組とももっともっとうまくなりそうな気がします。

[PR]
# by chatttenoire | 2018-02-13 22:43 | フィギュア・スケート | Comments(0)