「琅琊榜(ろうやぼう)」

 中国ドラマ「琅琊榜(ろうやぼう)」を見終えました。
 昨年の話題作ということでとても楽しみしていたのですが、そんなにはまることもなく淡々と見ていて、夏江と譽王が離間の計を用いる辺りでちょっとつらくなってきて視聴をストップしていたのですが、録画が全話たまった頃からもりもりと見始め、残り20話ほどを一気見しました。(眼精疲労が甚だしい。)手に汗握る展開でしたが・・・このドラマのことを武俠ドラマだと評するものをいくつか見ましたが、私もそう思います。といっても武俠ドラマで私が見たものは「射鵰英雄伝」と「神鵰剣俠」だけなのだけど、ウィキペディアによる武俠小説の定義とは”武術に長け、義理を重んじる人々を主人公とした小説の総称”で、”勧善懲悪や義理を主題とした作品が多く、武術による闘いの他に、冒険、恋愛、復讐、謎解き、伝奇、史実、喜劇など、様々な要素が1つの作品に盛り込まれている。”もの。奇怪な病や薬、毒などが登場し、貫く主題は復讐、そして一応、勧善懲悪で終わりを迎え・・・このドラマに私が少し物足りなさを覚えたのは、悪辣さが単純で、衝撃的ではあるけれど、人間の業みたいなものがとても単純に描かれており、主人公梅長蘇がともかくいい人に描かれてすぎていること。梅長蘇以上に純真な人物として描かれる靖王・蕭景琰に代表される人間の善なる心にはハッとさせられるシーンも多かったのは確かですが、しかしそれも武俠ドラマ、武俠小説で描かれる内容そのものだったと思います。このドラマで特筆すべきだと思うのは飛流を演じた彼について。もう少し小さくてもだめ、育ってしまってもだめ、という凝縮された少年の時の魅力がこのドラマにしっかり刻みこまれました。あと、戦のシーンのゴージャスさ。雪のシーンの映像の美しさ。中国ドラマは完全に日本のドラマを超越してしまいました。
[PR]
# by chatttenoire | 2016-05-26 23:15 | 中華 | Comments(0)

覆面歌王の生物化学室のクレオパトラ

 韓国に「覆面歌王」という歌手が覆面を被って対決して勝ちあがっていくという番組があって、結構人気のようなのですが、私もKNTVで字幕放送を見ています。韓国の放送からいうと随分遅れての放送で、うっかり韓国のニュースを見ているとねたばれに遭遇してしまっていますが・・・先日、KNTV版ではクレオパトラさんがやっと正体を現しました。私は今まで知らなかったキム・ヨヌさんという歌手だったのですが・・・とにかく歌がうまい!声がまろやかというか、とにかく違う、って感じ。なんですが、最近過去のキム・ヨヌさんの歌声動画を見ても、クレオパトラほどうまくないような気がする・・・。クレオパトラとしてより歌がうまくなったのか、ちょっと声を変えて歌っているところがよいのか。(この番組では自分がばれないように声を変えて歌う歌手が多い。)あと、クレオパトラの覆面がとても良い。この番組に登場する覆面は自分でデザインはしてないでしょうね、きっと。番組がそれぞれに割り当てるのか、いくつかの覆面から自分で選ぶことができるのか、クレオパトラの覆面が彼の歌をより魅力的にしている気もします。クレオパトラ記念に、以下にいくつかの動画を。


 この曲は、ノウル(4人?組男性歌手)の歌らしい。ノウルといえば、フィソンが「私は歌手だ」という番組に出ていた時に、ノウルが結構上位でフィソンが下位で・・・というのが続いて、フィソンかわいさに憎らしかったものだ。4人組なのに、なんなんだ、と。しかしこの動画を聴くと、一人の声?原曲もうまい。あとノウルといえば、メンバーの一人がバラエティによく出ていた。最近あまり見ないような・・・。こちらに歌詞があるので、ご覧あれ。


 この曲の原曲はこちらにあり。バンドっぽい?こちらに歌詞あり。

 リンクのしすぎで疲れたので今日は二つまで。明日また二つ。この歌二つの前に、オペラ座の怪人でデュエット対決をしたのだけど、その時にたった1票差で勝ちあがったように記憶している。私は女性の声より男性の声に一声で魅せられたのだけど・・・女性の高音パートが続くから女性の声に圧倒された人も多かったのか。危ない危ない。ここで負けていたらキム・ヨヌさんという素晴らしい歌手について気がつかないでいたかもしれない。
[PR]
# by chatttenoire | 2016-02-07 23:31 | K-POP | Comments(0)

Zion.T「楊花大橋」

 今頃・・・な歌なんだと思うけど(2014年の歌のようだ)、Zion.Tの「楊花大橋」。MCユが好きなのでKNTVの「無限に挑戦」も大体見ているのだけど、先週の放送でハハと彼が組んで歌謡祭に出るというので、この歌が流れました。この歌に登場する、Zionさんのお父さんも画面に登場。この歌に登場する実際の楊花大橋に立って撮影?(多分。)そして私は歌詞に釘付けになってしまった。

 家ではいつも自分一人でいた
 お父さんはタクシードライバー
 どこなのと聞けばいつも楊花大橋
 朝になると枕元に置かれたこんぺいとうとお菓子
 いつも明け方に帰ってくるお父さん
 
 おしゃれな音楽にタクシードライバーの父と家族の物語が紡がれる。サビの部分ではヘンボッカジャ(幸せになろう)ウリヘンボッカジャ(幸せになろう)アップジマルゴ(苦しまず)とやさしく歌われる。アップジマルゴは苦しまず、という直接的な意味もあるけど挨拶のように交わされる言葉で、苦しまず幸せになろう、と、言葉そのもののように重く悲しくも感じられるし、温かさが伝わってもくる。オンマ(母)アッパ(父)二人のヌナ(姉)とかわいい末っ子の自分。おしゃれさと家族、ささやかな幸せ、というのは正反対なのだけど、この落差にうっとりする。ささやくように歌っているからあんまりぐいぐい感じられないけど、幼い頃にはどこなのと聞けばいつも父が答えていた楊花大橋に今は自分が立つ・・・。いつもピントはずれなことを書いていると思うが、私の中ではオリジナルラブの接吻みたいな音楽に感じられるのだけど、こういう歌詞で歌ってしまうところが、逆にクーーール!素敵だなあ。
 「無限に挑戦」ではヒョゴというバンドも出演していて、彼らの音楽もいい感じ。

 彼らはアンダーグランドな感じで紹介されていたが、無限に挑戦に出演することによってスターになっただろうか。こういうバンドを国民的バラエティ番組に出演させるっていうのがすごいと思う。
 ヒョゴもいいけど、やっぱり「楊花大橋」はすごい曲だと思う。
[PR]
# by chatttenoire | 2016-02-03 00:32 | K-POP | Comments(0)

「ヨンパリ」視聴完了など

 「ヨンパリ」を見終わった。チュウォンという俳優さんはこのドラマで初めて見たが、顔がたこ焼きみたいにぷくぷくしていて顔だけ見ていたら勘違いしてしまうのだが、全身を見たら・・・なんというプロポーション!!最近の俳優さんはみんなこんな感じかしら?いやいやいや、昔、カン・ドンウォンはタリ(足)チャン、なんて言葉を見たが、このプロポーションは一体なんでしょう??というレベル。この体にシュッとした顔だと冷たい印象で動きを感じられなくなってしまうところが、顔がぷくぷくしていて逆に俳優として成功するのかもしれません。キムテヒさんは、これ以上ないいい役を得たな、と。また、この役、キムテヒさんくらい美しくないと説得力がない。でもチュウォンさんとのバランスは、悪い。しかし全く駄目というわけでもなく、ギリギリライン。お話の内容は荒唐無稽で娯楽として楽しいドラマでした。イ科長を演じた役者さんは面白い役を演じることが多く、この役も味わい深い役でした。
 その他。現在見ているドラマなどなど。
 「白夜姫」は相変わらず面白い。ヤとチャン・ファオムさんとの関係が煮詰まってきてチャン・ファオムの登場比率があがっているため、彼の演技力不足がぷんぷんしてきて若干トーンダウンしてきているが、それでも内容的に面白い。途中登場のサミさんがなかなか良い。彼は誰だ?
 「私はチャンボリ」、なんとか見続けている。しかし胸が悪くなるシーンは超早送りで。このドラマのひどさに比べたら「白夜姫」なんて、なんてことないと思うのだけど、白夜姫に批判があったというのはなぜだろうか。ナダンさんの死に方はそりゃおかしいですけど。
 BSで放送がはじまった「ミセン」、第2話まで見ました。チャン・グレさんを見ていると胸が痛くて見てられない感じ。あんなに顔が良かったらキラキラ生きていけるだろうに、しょぼっとした感じをよく演じています。映像は凝っていて、お金もかかっている?同じくBS放送がはじまった「ヒーラー」も録画してみました。まだ見ていません。
[PR]
# by chatttenoire | 2016-01-24 19:11 | 韓国ドラマ | Comments(0)

釘づけ

 新年早々のブログがこんな話題でどうかと思うんですが・・・
 新年以来、下世話なニュースの連続で、私はもう興奮の連続!!これが本当の世紀末か。日本は今、遅れてきた世紀末だと思います。
 特に私を最も興奮させているのは連日のJ事務所関連ニュース。ネット界隈では北朝鮮みたい、とかヤクザも真っ青、とかブラック企業、とか色々言われていますが、今回私はつくづーくこの事務所は置屋なんだなあ、と思った。逃げた女郎は見せしめのためにお仕置きを受けるんです。今まで、この事務所の所属タレントで理事になったという大物2名のうち、Kさんは大した芸(芸能界での売上は大してないでしょう。)もないのになんでこんなに重用されているのか、巷で言われているようにMさんの愛人だったというのは本当なのか、と想像していたのですが、今回、紅白のトリの場面でK・Tさんが抱きつきかねない勢いで持ち上げている姿を見て、そして今回の騒動で色々なニュースを見るにつれ、よくわからないけど芸能界の大物タレントとか大金持ちたちの間のリアルホストなのかもしれない・・・と思ったのです。もう一人の大物Hさんと女優のMさんとの関係は有名でしたよね。Mさんが亡くなった時に色々あってHさんは事務所の後継ぎ争いから脱落した、というニュースを見て当時は意味がよくわからない、と思っていたのですが・・・(ニュースリンク)、置屋に入れないといけないお花代を横取りした、みたいな感じだったのかしら・・・。今回の騒動で私が裏切り者だと思っているKさんは今後は事務所内での地位が安泰で幹部コースのようでして、そうなると次世代のリアルN0.1ホスト(上玉中の上玉として育てますよー)、ということでしょうか。なぜ裏切り者だと思っているかというと、そりゃあ真実はわかりませんが、4人が後戻りできなくなってから一抜けした感じ、もしくは最初からその筋書きを描いていた感じがありありと伝わる。後戻りできなくなる前になんとかできたんじゃない、と思うのだ。もしかしたらタレントとして自分が尻すぼみであることをよくよくわかった上で、Nの足を引っ張りたかったのかもしれない。でもそういう悪い奴、みたいな感じがリアルホストには必要でしょ、きっと。
 すみません。毒を吐きすぎました。一応私は夢はMMとか生で見た世代。大学にまじめに通わずに深夜にあんなテレビばっかり見ていた。特別ファンではないけど5人それぞれに愛着というか、親しみは持っているんですよ。歌にもね。ローラーコースターのグループがブームになった後に一気にカッコ悪い、みたいな空気になって、バンドとかがカッコいいってなってた頃、最近のニュースや報道でJ事務所の氷河期みたいに言われている時代の空気も知っているし、この流れはいちいち納得&興奮なのです。
[PR]
# by chatttenoire | 2016-01-22 01:09 | Comments(0)

「伝説の魔女」「グロリア」などなど

 最近見た韓国ドラマ。
 最近ではなくて少し前に視聴終了したのですが、「伝説の魔女」と「グロリア」を見終わりました。ちょっともう忘れているなあ。
 二つのドラマともオ・ヒョンギョンさんという女優さんとイ・ジョンヒョクがカップルとして登場し、正反対のカップルなのでちょっと混乱、というか、同時に見てはいけないなあ、と思いながら見ました。イ・ジョンヒョクさんは有名な悪役俳優(?)だと思うのですが、グロリアではその憎らしさがこれ以上はないあくどさでした。伝説の魔女では肩の力の抜けた楽しい中年男性を演じていて意外な感じでした。オ・ヒョンギョンさんはグロリアでは障害を負ったグロリアの姉役で、手術をして回復してからは落ち着いた性格の役どころで、伝説の魔女のはじけたプングムさんとは正反対な性格。更にグロリアのドンアの父を演じた俳優さんは今も見ている「白夜姫」にも登場して白夜姫ではお医者さんでお金持ちなのにグロリアでは貧しくて詐欺師のような人生を歩んでいる役どころなのでまたまた混乱。現在は「私はチャン・ボリ!」を見ていて、そこにも厳しい会長役で登場していてまたまた混乱。
 混乱話はさておき、伝説の魔女ではハン・ジヘさんを久しぶりに見て、いい感じに歳をとっているなあ、とうれしくなりました。演技は単調かな、と思いましたが。キム・スミさん演じるヨンオクとコ・ドゥシムさん演じるボンニョとのつばぜり合いが面白かった。特にヨンオクさんには爆笑の連続。
 グロリアは何といってもぺ・ドゥナ!あとイ・ジソクもよくて二人は一人一人はいいのだけど、二人になるとどうも。それなりに熱いカップルを演じているのだけど、たぶん二人はお互いを異性として感じてないな、と勝手ながら想像してしまう雰囲気があった。冬ソナのユジンの同僚のチョンアさん役の女優さんがやはりチョンアさんのような役どころで出演していて懐かしくってうれしかったー。
 現在見ている韓国ドラマは「白夜姫」と「チャンボリ」と「ヨンパリ」。白夜姫は現在の私の癒しドラマ。なぜかこのドラマを見ると落ちつくというか、生活になくてはならないドラマになっています。我ながらなぜ?再放送の方も同時に見ようかしら。「チャンボリ」は12話まで見ましたが、もう脱落寸前です。チャンボリに出演しているイ・ユリさんが出演した有名なドロドロドラマの福寿草も少しだけ見てみたのですが、視聴を止めてしまいました。どうもイ・ユリさんは私は苦手です。顔や表情を見ていると苦痛を覚えます。あとドラマの展開のたたみかけられる理不尽の数々。2代目針の達人?になったボリの母の悪行を見るだけでも苦痛を覚えていたのでミンジョンが加わり苦痛の二重奏プラス会長宅の継母の理不尽ともう重なりすぎで私の許容量は序盤で限界点です。会長宅の二人の男の子が打ち解けていた辺りは救いがあったのですが、それもなくなり・・・12話時点ではKARAのスンヨンが唯一の救い。イ・ユリさんの演技大賞までとった悪役の演技をぜひ見てみたかったのですが怪しい雲行きです。「ヨンパリ」は金曜日に2話一気放送でサクッと見ています。スピードのある展開で素っ頓狂な面白いドラマです。
[PR]
# by chatttenoire | 2015-12-20 01:28 | 韓国ドラマ | Comments(7)

南座顔見世興行

 平成中村座がほんの少し残念だったためか、顔見世に行ってしまった!!
 ミーハー的に夜の部へ行きました。私は小さい時に仁左衛門さん(当時はお名前が違いましたね。)が格好いい、と発言したそうで、男性の趣味がいいと母から良く褒められていました。当時は眼鏡をかけて知的で・・・ああいう男性が好きだったのです。今でも仁左衛門さんは超一級に格好いいと思います。今回仁左衛門さんの舞台を見ることができて良かった。昼の部の方が面白そうですけどもね。今の私は、仁左衛門さんからすると胡散臭い匂いのする海老蔵さんも愛之助さんも格好いいと思います。いやあ、あれこれ男性の品定めができて、これも歌舞伎の醍醐味でしょうねえ。良かったなあ。がんじろはんの襲名披露だそうでして、がんじろはんは確かに芸達者だと思いましたが・・・一代目は頬かむりの中の日本一の顔と言われたそうなんですが、不思議なものですねえ。でも仁左衛門さんとの組み合わせが良かったです。今回見て思ったのは、女形の濃厚さ。今まで見た舞台は江戸の女形だった気がする。今回は上方の女形というものを堪能した気持ちです。ちょっとしんねりしたような、所作が美しい女らしい女形。きれいなだけじゃない、でもきれいな女形。最後の勧進帳は・・・良くない評をあれこれ事前に見ていたのだけど、義経が確かに・・・怪僧ラスプーチンにかどわかされた幼い皇太子、みたいだった。子供に見えました。とても戦の天才には見えなかったなあ。海老蔵さんは怪僧ラスプーチンみたいで、良かったです。本来の弁慶とはちょっとずれているのか?愛之助さんは横顔が美しかったー。もっとすばらしい対決の傑作舞台が多いんでしょうけども、それなりに楽しかったです。音楽隊もたくさん舞台にいて・・・ラストに向かって盛り上がっていく音楽が・・・演技よりもむしろ音楽によって気持ちが盛り上がった気もします。あー面白かった。
[PR]
# by chatttenoire | 2015-12-14 22:33 | オペラなど | Comments(0)

大阪平成中村座

 連休の月曜日、大阪で平成中村座を見てきました。前回初めてちゃんとみた歌舞伎の時は、中村吉右衛門の俊寛を見て大泣きして、中村又五郎と歌昇の襲名披露ということで、船弁慶のラスト、又五郎さんの薙刀を持って周りながらの花道がもう素敵で素敵で、すっごく興奮する舞台だったのですが・・・今回、同じ俊寛ということで、あんまり期待はしないでおこう、と思いながら見たのですが、・・・ごめんなさい、以下辛口ですが、素人批評ということでご勘弁を。
 平成中村座(今回だけかしら?)が何が不満かと言うと、音、音楽がショボすぎる!音楽には私は多少はうるさいですよー。お芝居というより、歌舞伎のベースは音楽だなあ、と中村吉右衛門の舞台の時につくづく思ったのです。俊寛の時に浄瑠璃の人と三味線の人が舞台の右にいて、左から太鼓の音が鳴るのですが、太鼓の音がおかしい。変なところが共鳴しているのか、妙な金属音とカスカスした太鼓音。もうがっくりです。太鼓自体が悪いのか、もしくは舞台が木でできてないからかもしれません。舞台の音響も悪いのでしょう。浄瑠璃さんはうまかったのかもしれませんが、響きが良くない気がしました。俊寛を演じた中村橋之助さんがどうこうではなく、演出のせいなのでしょうか。やたら大仰でちょっと引いてしまいました。でもお話は悲しいですね。やっぱり。唯一良かったのは、千鳥を演じた女形が前回の時は年配の方だったのですが、今回は若い方で、好き合っている感じが良く伝わって良かったです。次の盲目物語で主役を中村勘九郎が演じているのですが、やはり若くて、まだまだ実力では脇役クラスだなあ、と。こうやって身の丈以上の役を演じながらどんどん大きな役者になるのかもしれませんが、まだまだな感じでした。そして最大にガックリなのは、彼(弥市)の三味線と歌。あれは吹き替えをするべきです。(お市の方のお琴の方もね。)ひどすぎる。あんなものなのでしょうか。物語は、原作を読んでみたくなりました。弥市が朗らかに演られていたので、谷崎だともっとドロドロしているんじゃないだろうか、と想像。一方、盲目物語でも女形は充実。お市の方も、茶々も、お琴を弾く侍女もそれぞれ美しかった。
[PR]
# by chatttenoire | 2015-11-26 00:37 | オペラなど | Comments(0)

Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV フリー

 yuko kavagutiさんの2015-2016のフリープログラム。

 この曲でのプログラムをソチオリンピックにぶつけようとしていたのだけど、(スミルノフさんの?)怪我などでオリンピックへの出場叶わず、昨年にプログラムを持ち越し、更に今年も少し内容を変えて継続、ということのようです。このプログラムを昨年だったか、初めて見た時にはこの曲の出始めから心を奪われてしまった。確かプログラムの途中に足を踏みしめるような仕草が昨年はあったかと思ったのだけど、力強く駆け抜けての表現に切り替えたのか、それともカメラに写っていないのか?詳細不明ですが、川口さんのフィギュアスケート、ペア競技への執念と強い人間性がこのプログラムにそっくり乗り移っているようで、彼女が手を差し伸べる仕草を見せるだけで胸がぐっと掴まれる思いになります。長野オリンピックでエレーナ・ベレズナヤを見てタマラコーチへ弟子入りした話は有名で、ベレズナヤのプログラムはそんなに知らないのだけどもロマンチックでしっとりした雰囲気で、川口さんに振付られたプログラムや前々回でのオリンピックでのあれこれを見ていたら、どうなんだろうと思っていたのですが・・・コーチとの絆の深さも感じることのできる彼らだけのプログラム。自分がいいと思うものを表現したい、追及したいという思いが実りを迎えていると思います。同時にとてつもなく強い女性二人に囲まれているスミルノフさんの苦労?にも思いを馳せる。旋律と旋律の間の余白も多いプログラムだけども、余白を埋めるだけの存在感と表現力もある。こういうプログラムを見るとペアやアイスダンスのようにカップル競技はいいものだ、としみじみする。曲はチャイコフスキーの「マンフレッド交響曲」とのことで初めて聞きましたが、賛否両論の交響曲だそうで、演奏される機会はさほどないらしい。これぞロシアという旋律と重厚さで、次々いい曲があってまだまだあるものだ、とそのことにも感嘆。
 ペアとアイスダンスを見ようにも動画に頼るしかないのでイライラ。スカパー契約すればいいのだけど、ね。おや、と思うニュースを見ると1本1本探す、みたいな感じで全体像がつかめない。ロシア杯SPは珍しく動画をたくさん見た。ペン&ジャンSPも見た。やっぱり女子は若い。少し心配になる雰囲気。でも前の彼女より表現力はありそう。こんなプログラム、前のカップルだと無理だったと思う。ストルボワ&クリモフ、滑っている姿勢が美しいことに気がついた。ソトニコワを久しぶりに見た。ソチオリンピックの結果はなにか納得できてないけど、チャンピオンらしく?きれいになって戻ってきた。イリニフとカツァラポフはもう無理なのかなあ。やっぱりお互いのカップル相手が私にはしっくりこない。どちらも地味。派手同士は大変なのかもしれないけど、釣り合いというものがあると思う。
[PR]
# by chatttenoire | 2015-11-21 14:03 | フィギュア・スケート | Comments(0)

SHIBUTANI兄妹のフリー

 2015-2016シーズンのSHIBUTANI兄妹のフリープログラムが好評ということで早速検索。

 曲はコールドプレイの「Fix You」だそう。はじめて見た時には古いんですが「ビバリーヒルズ高校白書」が思い浮かびました。甘酸っぱい青春というか、アメリカの若い男女の等身大の姿のような、そんな雰囲気のフリープログラムです。どことなく上品でいいお家の子のような雰囲気の彼らは今までワルツ曲やオールディーズものが最大のハマリ曲で、それ以上のものがなかなかなかったのですが、うまくイメージチェンジできたと思います。
[PR]
# by chatttenoire | 2015-11-03 22:43 | フィギュア・スケート | Comments(0)