「君を憶えてる」

 韓国ドラマ「君を憶えてる」。3回目視聴後感想です。
 このドラマ、自分はものすごく面白いと思うので、なんでマイナードラマに終わってるんだろう、と考えていたのだけど、私自身、実際に見てみるまで全く見たい気持ちがしていなかったことを思い出した。「マイ・ラブ・パッチ」から私のチャン・ナラのイメージは止まっていて、そういうチャン・ナラが警官??っていうのはおちゃらけているというか、ちゃんとしたドラマな感じがしてこなかった。また、ソ・イングクのイメージも「応答せよ」オンリーだったので、田舎っぽくて朴訥な感じの彼がプロファイラーとか言われても、と、面白い感じが全くしなかった。
 実際、ドラマの冒頭のソ・イングクの演技は少し浮いているというか無理している感が無きにしもあらずであるし、チャン・ナラの警官もかわいいシャツを着て、小さくてガリガリに細くて、そんなわけないだろ、と思ったし、捜査チームもそんな服で捜査するのか?という、?が頭をよぎったのだけど・・・1~2話の子供時代の辛い物語で、あれ、このドラマ、思っていたドラマと違うな、と思った。子供時代のエピソードはもう本当に辛いので3度目の今回は思いっきり飛ばしてしまった。少年時代のヒョンはかわいそうすぎて胸が痛くて見てられない。
 大人のヒョンは・・・ソ・イングクの不思議な顔がこのドラマに本当にマッチしていると思う。悪人(悪人の相)にも見える一瞬もあれば、気持ち悪く見える一瞬もある、一方美しくセクシーに見える一瞬(一瞬じゃなくてしばしば、だけど。)もあり、また幼くかわいく赤ちゃんみたいに見える一瞬(もしくは角度)もある、不思議な顔。左右の目が違うのもとても魅力的。左右の目の色の違う猫のようなアンバランスな魅力がある。感情を抑えた演技が必要なキャラクターで、実際とても抑えて演技をしているけれども、冷徹なキャラクターを演じながらもどこか人間的な温かさを感じさせるところがまた彼の魅力で、それであるから何度も見たくなってしまう。ドラマの売り出しはチャン・ナラとソ・イングクを前面に押し出しているが、イ・ジュニョンというモンスターがこのドラマの軸となっており、そこがこのドラマの売り方の難しいところだったと思う。このモンスターの彼を許すことも理解することもしない、というセリフが繰り返されるが、許しているし理解しているし、通じ合っているドラマで、普通のドラマだったらモンスターはモンスターとして切り捨てる演技、演出で終わってしまうと思うのだけど、セリフ上は彼をモンスターとして扱ってはいるが、道徳上、一本の線上に立たざるを得ないのであろうが、どちらにも取れるそういう演出になっているところがとてもいいと思う。イ・ジュニョンがとても重要なポジションであるから、チャン・ナラ演じるヒロインは、おそらくチャン・ナラでなければ名ばかりヒロインになってしまうところだと思うが、というか、名ばかりヒロインであれば売り方はモンスター対ヒョン、と簡単であったと思うが、そこはさすがのチャン・ナラ、見れば見るほど存在感があり、ありきたりで陳腐なヒロインではない、プラスアルファな魅力を出してくる。であるからまた売り出しが難しいのであって・・・恋愛ドラマではないのだけどもソ・イングクとチャン・ナラとの関係も重要という堂々巡り。
 でも、私の一番このドラマでお気に入りのシーンは、チャン・ナラが捜査中に拉致されて、容疑者の兄のところへモンスター3人(あえてモンスターと呼びましょう)が行って次々に畳みかけるようにプロファイリング(毒舌)するシーン。最初見た時はくすっと笑ってしまった。彼らはやっぱり通じ合っているし、認め合っているし、そういう存在があることが彼らが生きる上で大きく意味があることに違いないのだ。
c0006350_08431305.jpg
 (しかも、彼らが下から見上げる構図であるところがなお面白い。)

 ここまで書いて、このドラマ、よくある韓ドラの4角関係なんだな、と思えてきた。ただし、男2女2の4角関係じゃなくて、男3女1というところが違う、という。そしてヒョンは3人から猛烈にラブコールを寄せられているモテモテの設定。
 

[PR]
# by chatttenoire | 2017-08-13 01:13 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「被告人」

 韓国ドラマ「被告人」を駆け足で見ました。
 途中から見てられなくなって、2倍速で見た部分多し。以下、ねたばれありです。
 すっごく視聴率が良かったみたいなんですが、やっぱり、冒頭、弟が兄を殺して兄になりすますっていう展開がスキャンダラスで、どうなるんだろう、と視聴者は釘づけになってしまったんだと思います。しかし、すかすかなドラマだったという印象は否めません。特に、最後、この悪い弟がずっと好きだった、キーパーソンのヨニが彼にとどめを刺す展開ですが、その理由が子供に父の悪い記憶を残したくない、みたいなことを何度も何度もしつこく同じ台詞が登場するのはいかがなものか。しかも薄い。これ以上の言葉がなくて中身がうすっぺらだから同じ言葉を繰り返したとしか思えません。牢獄に収容されてなんで懲罰房にずっと入れられなきゃらないのかもわからないし。ヨニが外国に行ってもう会うことがない、というのもなんだか変な展開で。
 しかし、王道のドラマっていうのはこういうものかもしれません。わかりやすく単純で、オム・ギジュンの演技がわかりやすく凄い。チソンも安定の演技をしているけど、このドラマはとくかくオム・ギジュンに釘付けです。
 最近、ソ・イングク病だからなんでもソ・イングクに結び付くのを見逃してほしいのだけど、このドラマの視聴率が良くて、なんで「君を憶えてる」がそんなに視聴率が低かったのか、また、「君を憶えてる」を見てるので納得がいかないなあ、なんて思いながら見ているけど、まあ、仕方ないか。チソンというハイブランドの名前、チソンが検事だったのに囚人服を着て収監されており、記憶喪失、そこへ来てオム・ギジュンのスキャンダラスさ。ギラギラしていますものね。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-08-07 20:15 | 韓国ドラマ | Comments(0)

「W -君と僕の世界-」

 韓国ドラマ「W -君と僕の世界-」を見ました。
 このドラマ、イ・ジョンソク主演なのですが、彼はこのドラマで2016MBC演技大賞を取り、確かヒロインのハン・ヒョジュとカップル賞みたいなのも取って、ショッピング王ルイを応援していた私には歯がゆい?というかどんなドラマだったのかな(本当に勝ってるんだろうね!)、と思っていたドラマでした。なので、どうしてもそういう目で見てしまったドラマだったのですが・・・イ・ジョンソクとソ・イングクは「君に泳げ」で共演してましたしね。(ちなみに感想を書いてないかもしれませんが、「君に泳げ」、見ました。もちろん、私は断然ソ・イングクラブラブですよ。)イ・ジョンソクは今までのヒット作品がバックにあっての受賞だったんでしょうね。演技は確かに落ち着きを感じるし。(語尾を上げるしゃべり方などワン・パターンな感じは否めないが、もうイ・ジョンソクの独自ワールドを築いているともいえる。)でも、一つだけ文句をつけたいのは、カップル賞はショッピング王ルイの方が勝ってたと思うんだけどなあ。ファンの投票が少なかったのかしら??残念。
 Wは最初、ヒロインが漫画の世界と現実を行き来し、ヒーローの方も現実世界へ来ることができ・・・牢獄の中で一番幸せだった、という辺りがこのドラマの同じく絶頂で、この台詞を見て、その後、悲しい展開になってきたので、あー、もう下がるだけなのね、とは思ったのですが、意外と淡々と最後まで見ることができました。ただ、一度リセットして、ヒロインの方は覚えているのにヒーローの方が結婚した事実もそこに至る恋愛も覚えてなくて・・・という辺りが妙に現実感があって私は好きでした。片思いな感じ?そこからヒーローがヒロインに気がついて、もう一度恋愛しなおしていく、というその過程が、全くしっくりこなくって、もう一度更にドキドキする本当の恋愛が描かれていたらこのドラマももっとグレードアップしたと思うのですが、そこは確かに最初を上回る設定を更に思いつくのは難しいでしょうね。2度目のはがっかりな感じの恋愛でした。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-07-31 20:15 | 韓国ドラマ | Comments(0)

ナイショの恋していいですか! ?  感想つづき・・・

 つづきというわけじゃないんだけども・・・
 このドラマで一番ぐっときたシーンは・・・ラストの17話。
 高校生が会社に入って、その思いっきりのいい性格でがんがん大人の中で本部長としてやっていく、その一方でホッケー部のエースとして高校生活も頑張る!みたいなトントン拍子な話、会社で出会った年上(10歳上!)の女性ともラブラブになって、10歳年下だとわかってもすったもんだあったもののうまくいき・・・どうやってこの話の仕舞をつけるんだろうな、と薄々思いながらの16話、17話。彼はもう会社で本部長としての役割は終え、ただの高校生になり、しかも、ホッケー界を背負うほどの才能があったが、ホッケーもできない体になってしまった、と。16話では、彼女の友人の彼(会社員)との食事で、高校生である自分をもどかしく感じはじめたところで、彼女のお家にのお金の問題が勃発。そこでラスト17話へ続く、と。彼女は高校生である彼にお金の問題はどうしようもないことがわかっているからあえて相談をしなかった、ということに彼が気が付き、彼女とは最後と決めたデートをするシーン。怒る資格もない、自分は彼女より幼いと自分で思ったこともなかったけどやっぱり高校生でしかなかった。こんな自分だと彼女にしてあげれることは何もない。それがもどかしくて我慢ならない。ドイツへ行って勉強しようと思う。ごめんなさい・・・そこで彼女は、彼がドイツへ行くのをそのまま送ることはできない、私が無理、結婚したい、そうしようと言うしか彼を引きとめることができない。というこのシーン。
 くどくど書いてなんだかわからなくなってくるけれども、本部長として高校生がうまく面白くやっていくという、スーパーマンみたいに描かれる前半と違って、いざ勉強を頑張ってもうまく成績が伸びない、そういう当たり前の高校生、どこにでもいる庶民として描くラスト2話がなんだか素敵でした。高校生と10歳年上の会社員が結婚したい、ということは庶民としてもなかなかない話だとは思うけども、そういう状況に陥っているカップルの思いをとーっても爽やかに素敵に描いています。スヨンさんが私が無理、というのがまた良かったと思います。そこからまた彼女が悩んで、彼がちゃんとプロポーズするシーンも良かったなあ。噂の鉄棒キスとかギプスキスよりもプロポーズシーンやラストが私には素敵で心に残りました。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-06-21 21:44 | 韓国ドラマ | Comments(0)

ナイショの恋していいですか!?

 ソ・イングクさん祭りが続いています。
 「君を憶えてる」を一気借りした時に「ナイショの恋していいですか!?」の1巻を借りていたのですが、続きが気になってまたしても一気見です。今回はDVDを買いました。君を憶えてるを借りた後に気がついたのですが、最近、安いDVDが販売されていますね。あやうくいろんなのを買ってしまいそうになります。懐かしいドラマもいっぱい発売されている・・・しかもリーズナブル価格。君を憶えてるもまた見たくなりそうだから買ってしまおうかな・・・。
 君を憶えているの後に見たナイショの恋の方は、最初ヒロインの女子が上司に惚れてひどい失態をするのですが・・・それがあんまりにもひどくって、やっぱりチャン・ナラは上質な女だったなあ、などと変な感想を持ってしまったのですが、イングクさん演じる高校生が会社に通うようになって俄然話が面白くなりました。そして・・・このドラマ、どうしてもイングクさんの活躍が目に入ってしまう構造&演技力で、ヒロインは割を食ってる感が否めない感じがしますが、ヒロインはヒロインで随分頑張っていると思います。わざとらしい、と言えばそれまでなんですが、棒みたいに細くて少女漫画から抜け出してきたみたいな、いじけやすいかわいい女子をうまく演じていたと思います。スタイルが良くて美人のはずなのに、姿勢が悪くって・・・大柄な女性にたまにいますね・・・大柄であることを恥じているような自信がなさ気な、でも一生懸命な感じでかわいい女性にうまくなりきっていたと思います。秘書に抜擢されて一生懸命足を広げてメモを取る姿とか、笑えたし、かわいかった。イングクさんは・・・君を憶えてるの後を見ると、演技が若い。演技力にもほれぼれするし、不純な意味でもほれぼれします。このドラマのOSTかな?の歌、イングクさんの歌は演技に比べ、素晴らしくうまい、と思えることはないのですが、このOSTはかなり気に入りました。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-06-19 19:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

君を憶えてる

 韓国ドラマ「君を憶えてる」を見終えました。一気見です。近所のツタヤには8巻からしか置いてなくて、1巻から7巻は?と質問すると、お店がレンタルしている期間が終わっている、とのことでした。なんですって!よっぽど借りる人が少なかったんですかねえ。表紙の写真(PR写真も同じはず)のイメージとドラマの内容が全く違うし、あの写真を見ても私だったら借りたい気持ちにはならないと思うので、PR失敗だと思います。ドラマ自体は面白かったですから。細かい感想を書くほど元気じゃないのでもうちょっと後で書いてみようと思います。現在2回目を見ていますが、2回目となるとちょっと進行が遅いですけど。最初の1話から2話の途中にかけては見るのをやめようかと思うくらい私としては辛かったし。ソ・イングクさんはやっぱり魅力的。好きです。昨年、大スターとなったパク・ゴラムさんも最初は気持ち悪かったのですが(サイコパスの役ですしね。)段々かわいくなって、やっぱりかわいいんだな、というのとやっぱり演技力もあるんだな、というのも思いました。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-05-20 23:10 | 韓国ドラマ | Comments(0)

世界選手権男子

 戦場後遺症から少しづつ立ち直って、男子フリーは番組でライブで見ました。
 男子、恐ろしい時代だなあ。私のお気に入りネイサン・チェンはすっごく緊張していたなあ。でもこの経験が来シーズンに生かされるはず。羽生さんはああいう風に鼓舞して前へ進むタイプなんだと思うけど、年相応な落ち着きを装うくらいはしてほしい。宇野さんは表現力王、演技王です。パトリックの美しく透明なスケーティングとは質が違って、宇野さんは重くえぐる感じのスケーティングで、音楽に合わせてスケートがぐいぐいっと伸びるのが本当に見ていて心の底が震える感じ。本人に羽生さんのような欲があればもう抜いているんじゃないかな。欲はあるでしょうけど、強すぎる欲と演技王は両立しないのかもしれません。ネイサンのがちがち演技を見た後のボーヤン・ジンの力の抜けた笑顔は本当になごみました。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-04-02 08:51 | フィギュア・スケート | Comments(2)

死線をかいくぐって・・・

 死線をかいくぐってやっと4月にたどり着いた・・・。異動が決まってからが本当に本当に本当ーに長かった!!内々に決めているので他の人に言うわけにはいかず、自分の中では消化試合、でも全力を出さなければ片付かないことばかり、仕事は山積み、精神的にもボスが臨時職員をパワハラしてその子が辞めてもその子を悪く言って歩き、かばっている私がボスは憎らしいのか、やりにくいのかそんな感じだったんでしょう、異動発表があってからもそのことについてはお互いに触れず、引き継ぎについても全く相談がないのでこんなに仕事をしている私に何一つ相談がないのですが、どうも4人に引き継ぐことになるみたいですが、早く言ってくれないと時間がないことがわかりますか、引き継ぎしなくていいんでしたらそれでもいいですけど!と啖呵を切るはめになり、職場の去り際に当たってもお互い挨拶もせず去ることとなりました・・・。
 それにしても消化試合って本当につらいものです。全然話のレベルも何もかもが違いすぎますが、キム・ヨナがバンクーバーの後の世界選手権で空気が抜けたみたいだった姿を思い出し、そうだよな、そうだよな、と時々思いながら過ごしていました。
 泥をかぶってすごしていたようなこの数年の生活がようやく終わりを迎えましたが、燃えカスか、やぶれかぶれの雑巾みたいな気持ちで、晴れがましい席(4月から出向するので、出向者の集まり、壮行会みたいなイベントが2回ほどあった)に出席しても全く気持ちが追いついていきません。記念写真などを取られても自分から全身からぼろ雑巾な空気が出ている。この土日で気力を回復できるのか?死線をかいくぐったものとして何が来てもよし来た!とやっていけるか?ぼろぼろの敗残兵のようにデビューすることのないように、頑張りたいのですが・・・日曜日の夜にまたブログを書いてみましょう。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-04-01 09:19 | Comments(0)

ネイサン・チェン

 キム・ヨナ以来、久しぶりにフィギュアスケーターで好きな選手が現れた。うっすら好きな選手ならいたけどね。ネイサン・チェンに夢中になっている。羽生選手との一騎打ちに勝ったことは大きいと思う。ここで彼は才能があるだけじゃない、プラスα・・・運だったりメンタルの強さだったり、別の何かを持っている選手であることを証明した。審判にも愛されていると思う。早速四大陸の激戦について書かれた田村明子さんの記事を読んだが、羽生選手のフリー演技は逆転優勝にふさわしいものだったと思った、と書かれてあり、確かに、結果を得点で見て、動画で確認した時には私も微妙なところだと思った。ここで勝てたのは審判の中でもネイサンは正統派の勝ってほしい選手であるという意思の表れでもあるのではないか?羽生選手もこの試合の意味の大きさを十分承知していただろう。今シーズンずっと感じていたこのプログラムのつまらなさを吹き飛ばす演技だったし、彼の勝負へのものすごい執念みたいなものを久しぶりに感じた。一方のネイサンにはすがすがしい闘士を感じる。踊れるし滑れるし、ジャンプも跳べる。ふてぶてしくも見える視線はそうは決してみえないさっぱりとした潔さを感じる。一見地味でもあるが、しかし光輝くスターになるのはもうまもなくだ。
 宇野選手のSPにも心をつかまれた。このSPの曲、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」を使ったプログラムは色々見るが、この曲のヴァイオリンの音色をこんなに表現できた選手はいないのではないか?
 あー、この試合、見たかったなあ。ネイサン選手には長く現役を続けてほしいが、キム・ヨナと同じくなかなか見られない選手かもしれない。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-02-22 01:06 | フィギュア・スケート | Comments(0)

360度演技

 実は私はガラケー所持者で、スマホにはどうしても踏み切れずにいます。面倒くさいのもお金がかかるのもそうなんですが、PCが家にあるのにそんなにひっきりなしにネットにつないでどうするんだ?という疑問がどうしても・・・。それに中途半端な大きさで、電話なら電話、ネットで画面見るならもう少し大きい方がいいだろうに、とどちらかというとPadがいいかな・・・などと思っていたのですが、春からの通勤のため、何か面白グッズがないとなあ、と考えていたところ、アマゾンのキンドルファイアがいいんじゃないかと今、考えています。そこでプライムお試し会員になったのですが、見放題のプライムビデオをちょこちょこ見ています。マイケルの「This is it」、「Zガンダム」(私はZガンダムが大好きなんです。)、話題の「ユーリon ice」(これは3話で脱落しました。私には向いてない。)、韓ドラはラインナップが微妙だ、とケチをつけながらも「個人の趣向」を見始めました。テレビではBSでやっている「白夜姫」をまた!(我ながらしつこいです。)見ているのですが、こちらはあまりにもカットが多くて(そうじゃない?)、だらだらとどうでもいいような会話が続くようで、そのどうでもいいことが重要だったりするので、悲しくなって見ない方が精神衛生上いいような気もしています。そしてそして、しつこくしつこく「ショッピング王ルイ」を見返しています。動画ではソ・イングクさん関連の動画をこれもしつこくしつこく見続けています。あーー・・・。
 ショッピング王ルイを最初に見た時に、私はOSTのMVを見ていて、彼女彼が同じ家で同じ部屋で過ごすことを知っていたのですよね。だから、記憶喪失とかお金持ちと貧乏な女の子のシンデレラストーリーというよりも、同居もの(?)、一緒に住んでいるうちに・・・みたいなそっちのジャンルだと解釈して見ていたと思います。そのせいか、最初はルイに目が行くというより、彼女の立場で、彼女の目線で共感しながら見ていてあまりルイの演技を見ていなかったかも。顔がいい、という台詞が出てくるのでそうかなー・・・宇宙人みたいな顔だけど・・・いや、良く見える時もある不思議な顔だな、こんな人と一緒にいたら騙されそうと思って却って警戒するかもなあ、と思いながら、私自身も彼の魅力にはまらないよう(?)警戒しながら見ていたかも。
 「個人の趣向」、最初の1話の半分くらいで見るのやめようかと思ったのだけど、ざっとあらすじのようなものを読んで「同居もの」だということがわかり、もうちょっと見てみようかな、と思っているところ。ルイの後に見るとイ・ミノの演技が・・・あまりにも、ね。ソン・イェジンも苦手な方だし。でも同居するとイ・ミノが魅力を発揮するかもしれないから期待して見てみましょう。
 ソ・イングクさんはあちこちでも言われていますが、演技が本当にうまいですねー。ルイを見て最初は上に書いてあるとおりあんまり思わなかったのだけど(どちらかと言うとボクシルの演技を見ていた)、この人うまいかも、と思ったのは、手を動かす指先まで不思議な動き、ルイを手の指先まで使って表現しているな、と気がついた時です。(この癖が抜けなくて困っているというインタビューを読んだ。)ボクシルについてバス停に向かうふらふらふわふわした体の動きとか。顔とか台詞とか一つの部分だけじゃなくて360度、足先から頭まで使って演技している人です。キスがうまいというのもそのせいだと思います。キスをしながら手を握るシーン。演出で入っていたかもしれないけど、その指の動きまでがキスシーンを演じています。応答せよの有名な階段のキスシーンだって、あの角度や背中のよじれはすごいな、あのラインはすごいな、と思っていたのですが、同じようにそういう角度で演じなさいという指示があっても、なかなかああはならないと思う。ラインや背中でも演じていると思う。あと、例えばルイは子犬のように演じた、と言う言葉をあちこちで見るけど、これまたインタビューを読んだのだけど、「子犬を飼ったことがある人ならわかると思いますが、かわいいだけじゃない」というようなことも言っていて、ルイがしれーっとモー!!っとなることをする、その感じも思えばうまく演じていると思います。インタビューとか過去の彼のインタビュー動画を見ても、気取ったような衒ったようなところが全くなく人間味を感じるというか、すっとこちらの胸に入ってくる感じ、私自身が田舎者だから余計にそう思うのかもしれないけども、デビューが普通のアイドルみたいに小さい時から普通じゃない環境で育っているんじゃなくて、普通にたくさんの体験を積んで生活してきた生活が演技にも表れているんじゃないかな、と、そんな風に感じます。出演作品をまだ2作品しか見てないので、ぼちぼちと彼出演の違う作品も見てみようと思っています。今年は兵役に入るそうですが、出る頃までに全部見れるかな。
[PR]
# by chatttenoire | 2017-02-11 15:00 | Comments(0)