<< ネイサン・チェン 人生が動き始める時 >>

360度演技

 実は私はガラケー所持者で、スマホにはどうしても踏み切れずにいます。面倒くさいのもお金がかかるのもそうなんですが、PCが家にあるのにそんなにひっきりなしにネットにつないでどうするんだ?という疑問がどうしても・・・。それに中途半端な大きさで、電話なら電話、ネットで画面見るならもう少し大きい方がいいだろうに、とどちらかというとPadがいいかな・・・などと思っていたのですが、春からの通勤のため、何か面白グッズがないとなあ、と考えていたところ、アマゾンのキンドルファイアがいいんじゃないかと今、考えています。そこでプライムお試し会員になったのですが、見放題のプライムビデオをちょこちょこ見ています。マイケルの「This is it」、「Zガンダム」(私はZガンダムが大好きなんです。)、話題の「ユーリon ice」(これは3話で脱落しました。私には向いてない。)、韓ドラはラインナップが微妙だ、とケチをつけながらも「個人の趣向」を見始めました。テレビではBSでやっている「白夜姫」をまた!(我ながらしつこいです。)見ているのですが、こちらはあまりにもカットが多くて(そうじゃない?)、だらだらとどうでもいいような会話が続くようで、そのどうでもいいことが重要だったりするので、悲しくなって見ない方が精神衛生上いいような気もしています。そしてそして、しつこくしつこく「ショッピング王ルイ」を見返しています。動画ではソ・イングクさん関連の動画をこれもしつこくしつこく見続けています。あーー・・・。
 ショッピング王ルイを最初に見た時に、私はOSTのMVを見ていて、彼女彼が同じ家で同じ部屋で過ごすことを知っていたのですよね。だから、記憶喪失とかお金持ちと貧乏な女の子のシンデレラストーリーというよりも、同居もの(?)、一緒に住んでいるうちに・・・みたいなそっちのジャンルだと解釈して見ていたと思います。そのせいか、最初はルイに目が行くというより、彼女の立場で、彼女の目線で共感しながら見ていてあまりルイの演技を見ていなかったかも。顔がいい、という台詞が出てくるのでそうかなー・・・宇宙人みたいな顔だけど・・・いや、良く見える時もある不思議な顔だな、こんな人と一緒にいたら騙されそうと思って却って警戒するかもなあ、と思いながら、私自身も彼の魅力にはまらないよう(?)警戒しながら見ていたかも。
 「個人の趣向」、最初の1話の半分くらいで見るのやめようかと思ったのだけど、ざっとあらすじのようなものを読んで「同居もの」だということがわかり、もうちょっと見てみようかな、と思っているところ。ルイの後に見るとイ・ミノの演技が・・・あまりにも、ね。ソン・イェジンも苦手な方だし。でも同居するとイ・ミノが魅力を発揮するかもしれないから期待して見てみましょう。
 ソ・イングクさんはあちこちでも言われていますが、演技が本当にうまいですねー。ルイを見て最初は上に書いてあるとおりあんまり思わなかったのだけど(どちらかと言うとボクシルの演技を見ていた)、この人うまいかも、と思ったのは、手を動かす指先まで不思議な動き、ルイを手の指先まで使って表現しているな、と気がついた時です。(この癖が抜けなくて困っているというインタビューを読んだ。)ボクシルについてバス停に向かうふらふらふわふわした体の動きとか。顔とか台詞とか一つの部分だけじゃなくて360度、足先から頭まで使って演技している人です。キスがうまいというのもそのせいだと思います。キスをしながら手を握るシーン。演出で入っていたかもしれないけど、その指の動きまでがキスシーンを演じています。応答せよの有名な階段のキスシーンだって、あの角度や背中のよじれはすごいな、あのラインはすごいな、と思っていたのですが、同じようにそういう角度で演じなさいという指示があっても、なかなかああはならないと思う。ラインや背中でも演じていると思う。あと、例えばルイは子犬のように演じた、と言う言葉をあちこちで見るけど、これまたインタビューを読んだのだけど、「子犬を飼ったことがある人ならわかると思いますが、かわいいだけじゃない」というようなことも言っていて、ルイがしれーっとモー!!っとなることをする、その感じも思えばうまく演じていると思います。インタビューとか過去の彼のインタビュー動画を見ても、気取ったような衒ったようなところが全くなく人間味を感じるというか、すっとこちらの胸に入ってくる感じ、私自身が田舎者だから余計にそう思うのかもしれないけども、デビューが普通のアイドルみたいに小さい時から普通じゃない環境で育っているんじゃなくて、普通にたくさんの体験を積んで生活してきた生活が演技にも表れているんじゃないかな、と、そんな風に感じます。出演作品をまだ2作品しか見てないので、ぼちぼちと彼出演の違う作品も見てみようと思っています。今年は兵役に入るそうですが、出る頃までに全部見れるかな。
[PR]
by chatttenoire | 2017-02-11 15:00 | Comments(0)
<< ネイサン・チェン 人生が動き始める時 >>